寒天好き

寒天を愛でよう。 古い日記を掘り起こせ。

「みじろぎもせず健康法」という健康法を、子どもに習わせにゆく。
とにかく、落ち着きのない子どもで、一瞬たりとも静かにしていることがない。 


 教室の外から見ていると、子どもがしきりに叱られている。どうにも動いてしまってしかたがないらしい。 

 ためしに私もやってみたら、日頃動かないような背中や耳の後ろがやけに落ち着かずに動いてしまい、おもわずくすくすと笑ってしまった。 

これは難しい、というので、
先生に「先生、ひとつお手本を」というと、「しからば」といったきり身じろぎひとつしなくなってしまった。


あまりに見事なので5、6分眺めていたが、案外退屈であることに気がつき、先生をそのままにしてさっさと帰ってきてしまった。 




先生は、はたして今頃、動いているのであろうか。

まだ、身じろぎもしないまんまだったらどうしよう、と、無駄な心配をしてしまう。

 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット