寒天好き

寒天を愛でよう。 古い日記を掘り起こせ。

空はいちにち曇っていたけれどいまも雨は降っていない。 

遠くから踏切の音がやってきては、きえる。 

暑い日が続くけれどすくなくとも今日の、この夜だけは春でもなく夏でもない。 

わずかばかり開けた窓から、ひんやりとする風を受け入れながら、今日だけはなにも着ずにベッドに入る。 

いつかの若草ともうすぐ雨のにおいを感じながら、眠る。おやすみなさい、今日。



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット