寒天好き

寒天を愛でよう。 古い日記を掘り起こせ。

このごろ、自分が自分でないような気がしていた。 


なんでだろう、どうしてだろう・・・考えても答えがでてこない。 


そこで、おたぬきさまのところへ行って聞いてきた。 



「あなたの頭の上あたりにねこが見えます。 
こう、両手を広げて体全体におおいかぶさっています」 


え?ねこが、わたしの上に覆い被さっているんですか? 



「そうですね、そのねこはあなたとちょっと本質の違うねこのようで・・・。 このねこがいると他の人からは、ねこの姿しかみえなくて、 あたなが見えなくなってしまうようで、困りましたな」 


どうすればいいんですか? 



「それは、あなたが自信をもつことです、ねこも気の毒ですよ」 



大変すまないことをしたと反省して、ねこに休暇を与えることにした。
 
 

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット